To Our Shareholders
And Investors株主・投資家の皆様へ

商品の調達力・開発力
強化と採算性の向上を
図ってまいります。 代表取締役社長 芝原 英司

代表取締役社長 芝原 英司

株主の皆様におかれましては、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
ここに株式会社ショーエイコーポレーション第55期第2四半期のご報告をお届けするにあたり、謹んでご挨拶申し上げます。

当第2四半期連結累計期間において、当社グループの経営を取り巻く環境は新型コロナウイルス感染症拡大、原油価格の高止まりによる原材料価格の高騰、為替相場の円安基調等が続き、取引先企業の取り組みもコロナ禍の情勢を見ながらの試行錯誤の対応となり、大口取引先の停滞、大口案件の受注の先送りが続いており、依然厳しい状況にあり、営業促進事業においては苦戦を強いられる期間でありました。また株主の皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけいたしました前期(2021年3月期)の決算作業時に発覚しました不適切取引に関しての外部調査委員会費用、追加監査費用等の多額の費用を計上しており、売上高は「収益認識に関する会計基準」等の適用されたご報告となっております。

当社グループは、顧客への提供価値が変化している中で、OEMを含めた購買行動促進のための販売促進支援活動といった事業形態を見据えて活動してまいりましたがその一環として、株式会社ファインケメティックス(化粧品・医薬部外品の受託製造会社)を買収いたしました。東京2020オリンピック・パラリンピック大会終了時から企業からの販売推進の受注もコロナ禍収束に向けて回復しつつあり、ファインケメティックスも第3四半期から連結損益計算書に反映することとなります。当第2四半期連結累計期間は厳しく我慢の期間でありましたが、今後は化粧品OEMを含め開発力、仕入調達力を生かした飛躍の期間として100円ショップ及び量販店向け販売も含めた販売促進支援活動を進めてまいります。

株主の皆様には今後とも引き続き倍旧のご支援ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
2021年12月